せん断負荷継手
HED H-BAU Technik

{{requestButtons}}

詳細

個々のせん断の合せ釘は使用されたどこにでもせん断力安全に構造の接合箇所および膨張継手を渡る具体的な部品の間で送信される必要があるである。 それらは部品がビームの縦方向の軸線の40までのmmの共同幅によって動くようにし、送信されるべき縦および横の負荷を可能にする(例えば風負荷)。

特徴

優れ質のステンレス鋼の設計は長続きがする腐食防止を保障する
平板のサイド・ツー・サイド動きを収容するために利用できる特別なスライドの袖
共同区域の構成のミスアラインメントを防ぐ
スライドの袖を使用する場合の型枠を通ってあくか、または続いてコンクリートを通ってあく必要性無し
技術的詳細

防火袖とのR90
、例えば電流を通されるさまざまな異なった材料で利用できる、V4A
耐食性のクラスIII
プラスチックかステンレス鋼からなされるスライドの袖

これは自動翻訳です  (英語の原文を読む)