video corpo

コンテンポラリーテ-ブル / 自然オーク材製 / スチール製 / 真ちゅう製
TENSE MATERIAL WOOD by Piergiorgio e Michele Cazzaniga MDF Italia

{{requestButtons}}

特徴

  • スタイル:

    コンテンポラリー

  • 素材:

    自然オーク材製, スチール製, 真ちゅう製, 大理石製, 合成素材

  • 形状:

    長方形, 四角形

  • 販売対象:

    レストラン用, コントラクト, オフィス用

  • カラー:

    白, グレー, 赤, 緑

  • 高さ:

    最少: 35 cm (13.8 in)

    73 cm (28.7 in)

    最大: 110 cm (43.3 in)

  • 長さ:

    最少: 120 cm (47 in)

    最大: 400 cm (157 in)

  • 幅:

    最少: 80 cm (31.5 in)

    最大: 150 cm (59.1 in)

詳細

「新しいモノラル材料の終わりを特色にするテーブル。
組み込む重要な技術革新、完全に平ら、にまた非常に軽く残る大きいサイズで卓上を造ることを可能にする部品の引張り容量と結合されて。

フレームおよび卓上
-透明なアクリルの終わりを用いる自然なカシ木。3mmの厚い純木によって塗られる上、端および足
-石、再建された石で、透明なアクリルの終わり。3mmの厚い材料の適用が塗られる上、端および足。
-、真鍮板、マットの刷毛引き仕上げおよび透明なアクリル カバーで真鍮。0.5mmの真鍮板によって塗られる上、端および足。
- 化学添加物なしで自然な酸の使用によって適用される浮上するために服従する固体自然なカシ木、厚さ3mmで作成されるCarbone酸のエッチングの処置。
過去の錬金術師が促すこの革新的なプロセスは木の有機性特性を変えることを割り当てる。
木に含まれているタンニンの反作用は独特な炭化された効果の表面に寄与する自然な「焼却」を発生させる。
自然な酸が付いている接触はない均一独特であり自然なグラデーションで豊富な暖かく強い黒の色合いそして色の敏感な木を高めるではない。
自然な表面は荒く、身に着けられている特別で広範なマットの終わり、ユーザーのための本物の視覚および蝕知の経験を特色にする。
新しいモノラル材料の終わりを特色にするテーブル。
組み込む重要な技術革新、完全に平ら、にまた非常に軽く残る大きいサイズで卓上を造ることを可能にする部品の引張り容量と結合されて。

これは自動翻訳です  (英語の原文を読む)

その他の製品MDF Italia

TABLES AND DESKS