建物の正面用合板パネル / 壁用 / 金属面 / グラスウール製芯
SPA E ENERGY Ruukki

{{requestButtons}}

特徴

  • 用途:

    建物の正面用, 壁用

  • 表面のタイプ:

    金属面

  • コア材:

    グラスウール製芯

  • 耐火性:

    不燃

  • 幅:

    1,216 mm

  • 長さ:

    最少: 2 m (6'06")

    最大: 14 m (45'11")

  • 厚さ:

    150 mm, 200 mm, 230 mm

詳細

Ruukkiの新しい鉱泉Eエネルギーサンドイッチパネルは優秀な気密性および熱絶縁材の特性を提供する。

特別な低エネルギーのシールはパネルの接合箇所で使用され、受動ハウジングの標準まで極端に低い空気漏出率を、達成するためにパネルは小さくより通常の許容と製造される。

鉱泉Eエネルギーパネルを使用して特別に低い空気漏出のおかげでは、あなたの建物のためのより多くのBREEAMの信用を得る。

鉱泉Eエネルギーパネルの新しい特徴の1つはRuukkiの従ってパネルの表面温度を下げ、建物のパネルの冷房必要性そして熱動きを減らす新しいエネルギーコーティングである。

Ruukkiのエネルギーコーティングのための利用できる色はRR23およびRR41である。 鉱泉Eエネルギーパネルの絶縁材の中心は不燃性ミネラルウールから成っている。

鉱泉Eエネルギーパネルは極端に低い空気漏出率およびエネルギー効率を要求する正面のための理想的な解決である。

適用:

外的な壁
設計および設置サービスはRuukkiのパネルの解決の中央部分である。 私達の目的は私達の顧客のプロジェクト実現プロセスのスピードをあげることである。

これは自動翻訳です  (英語の原文を読む)