染料混和剤 / 床用 / コンクリート用
AQUACOLOR

{{requestButtons}}

特徴

  • 機能:

    染料

  • 製品用途:

    床用

  • オプション:

    コンクリート用

詳細

Aquacolorは完全にに混じる集中された、使用可能な、高微小体の無機顔料着色するか、または汚す装飾的で具体的な上敷、マイクロトッピング、上澄みのコートまたは規則的で具体的な表面をである。 それは反応具体的な汚れ(酸の汚れ)への二重用途プロダクト…必要な色そして代わりとして作り出される。

必要な色: Aquacolorを必要な色として使用した場合、常によく揺すり、ポリマー添加物(Cp1000)でセメンタイト粉(Sgraffino)で加える前に分散させなさい。 一貫した結果を保障するために望んだ小さい計量カップに量を吹き出しなさい。 典型的な適量はSgraffinoのあらゆるバケツのためのAquacolorの10ml (0.35oz)である。

水の基づいた汚れ: Aquacolorが汚れとして使用されるとき、吹きかかる前に水とそれを薄くし、混合しなさい。
提案された開始の混合比率: Aquacolorの8ozびん1本あたりの4gal水; 色の価値を増加するためには、水の量をまたその逆にも減らしなさい。 基質へのよりよい付着のために、10%のアクリルポリマー(Cp1000)とAquacolorの解決を混ぜることを推薦する。

利点

内部および外面のために紫外線抵抗力がある、適した
多目的-それをように必要な色か水の基づいた汚れ使用しなさい
表面がアクリルのシーラーと密封される後でさえも転移色のために加えるアクセント完成すれば
押されたコンクリートに色および深さを加える
色の深さは色を層にすることによって組立である場合もある
スプレーの塗布を使用する東
有害な化学物質への酸無し
セメントの代理は影響を与えない色の結果の同じでない反応汚れ(酸の汚れ)に
…洗い、拭き、中和し、そして残余を汚れとして使用されたとき時間を節約しない
Eco汚れ-環境に優しい…ゼロVOC

これは自動翻訳です  (英語の原文を読む)