ファイバー コンクリート製日射遮蔽 / 建物の正面用 / 縦型 / 硬質
EHPAD by Philippon Kalt

{{requestButtons}}

特徴

  • 素材:

    ファイバー コンクリート製

  • 製品用途:

    建物の正面用

  • その他の特徴:

    縦型, 硬質, 木材風

詳細

建物を改修し、アルツハイマー病の患者専用の新しい老人ホームに変換するプロジェクトの一環として、Ductal® FO(有機繊維)メッシュは庭側のファックアードを覆うように設計されました。

修復された建物の7 階に取り付けられており、それに直接適用される荷重(自重、風)に耐えることができます。

メッシュは、補強 DUC-TAL® FOで作られた「プロファイル」で構成され、5 種類のセクションがあります。 各プロファイルは一定の断面を持ち、2 つのレベルにわたって延長されます。 各プロファイルは、3つのサポートを備えたビームとして設計されており、それぞれがアーティキュレーションです。 水平変位 (X 軸と Y 軸) は、各レベルでブロックされます。 垂直変位 (Z 軸) は、ファックの各平面の足元でのみブロックされます。

この設計は、ストリップが周囲温度の影響下で垂直に自由に膨張することを意味し、メッシュに余分な負荷をかけることなく、投影の終わりに1cmの橋の屈曲を可能にする。

これは自動翻訳です  (英語の原文を読む)