亜鉛めっき鋼製樹木保護柵 / 円形
LAB.SP.004 by Eject Project

MyArchiExpoにお気に入りを追加する
比較検索に追加する 比較検索から削除する
亜鉛めっき鋼製樹木保護柵 / 円形 亜鉛めっき鋼製樹木保護柵 / 円形 - LAB.SP.004 by Eject Project
{{requestButtons}}

特徴

  • 素材:

    亜鉛めっき鋼製

  • 形状:

    円形

詳細

ツリーグリルLAB SPは鋼で作られています. レーザーカットで様々なパターンと寸法をご利用いただけます。 小さな木のグリル、LAB SP。735ミリメートルは、4つの要素で作られています:グリルを形成する2つ、周縁フレームを形成する2つ。 グリルLAB SP。990 mmは6つの要素で構成されています。上部グリルは4つの部分に分けられ、フレームは2つの部分に分かれています。 大きなグリルLAB SPは8つの要素で構成されています。上部グリルとフレームの両方が4つの部分に分かれています。 グリルの上部は、レーザカット鋼板(50/10厚さ)の結果であり、フレームは30/10の厚さの鋼板で作られています。 存在する場合、フレームは特定のボルト(提供されていない)を介して地面に固定され、12 × 18 mmの要素に挿入される。 木のグリルは、特定の皿穴 M6を通して地面(または存在する場合はフレームに)に固定されています。

スチールEN10111DD11は、この製品の実現に使用され、この材料のすべての要素は、すべての異なる段階(切断、曲げ、溶接)の後にUNI 規制に従って電気亜鉛メッキで処理され、後にポリエステルパウダーコーティングされています。

これは自動翻訳です  (英語の原文を読む)