テラコッタ日射遮蔽 DOGA BRACKET
建物の正面用横型固定型

テラコッタ日射遮蔽
テラコッタ日射遮蔽
テラコッタ日射遮蔽
テラコッタ日射遮蔽
テラコッタ日射遮蔽
テラコッタ日射遮蔽
テラコッタ日射遮蔽
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

素材
テラコッタ
製品用途
建物の正面用
形状
横型
オプション
固定型
特性
木材風
その他の特徴
硬質, ルーバー
長さ

500 mm (20 in)

詳細

供給そして取付けは「rainscreen」およびクラッディングの、構成される電流を通された鋼鉄およびSanniniインプルネータのテラ コッタ要素の機械固定システムで、酸性染料で色落ちするおよび扱われる「brise-soleil」の: 電流を通された鋼鉄の縦のプロフィールの構成される一次構造200のcmの間隔におよそ置かれて。セクションはサポート平板に区切られ、壁cottoの要素の留め具のためのアンカーおよびオメガのプロフィールに特別な革紐および調節可能なスペーサが装備されている拡張ボルトによって固定される。 クラッディングはインプルネータ区域から得られる特別な粘土から製造されたcottoの要素「doga T要素」のおよび「dogaブラケット」と実現される。要素はサイズでの供給される(t) l X h X:500x145x97 mm (dogaのT要素)および500x145x48 mm (dogaブラケット)および「litos」の表面の質を持つため。およそ6つのmmの縦の接合箇所が付いている取付けおよび5 cmの横のc/cの間隔はのためのbrise-soleilの塗布のための15 cmのシステムをおよびrainscreen。cottoの要素は可能正方形の配置から避け、クラッディングの要素の背部表面とサポート壁の間で約8/10 cmのスペースを残す既存のバックアップ壁または鉄筋コンクリートの構造のあらゆる欠陥に補償を提供するために注意深く取付けられているべきである。 処置:Sanniniのcottoの要素の外的な表面はシロキサンのmicro-emulsionの基礎の受胎の適用による可能な風解および表面の保護の取り外しのために脱灰の酸の洗剤を使用して酸性染料で色落ちを要求する。

---

カタログ

Involucri in Cotto
Involucri in Cotto
56 ページ
*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。