ガラス製ベンチレーテッドファサード / ステンレススチール製 / 石製
CHEAPSIDE by Michael Aukett Architects

{{requestButtons}}

特徴

  • 素材:

    ガラス製, ステンレススチール製, 石製

詳細

Project Feature

150 Cheapsideは、ロンドン市、セント・ポール大聖堂の向かいに位置する印象的な新しいランドマークのオフィス開発です。 ガラスとポートランドストーンの洗練された現代的なデザインは、それを取り巻く歴史と楽に調和しています。 ファサードは、ポートランドストーンで作られた9,500 平方メートル(102,300 平方フィート)のカーテンウォール、垂直ステンレススチールフィン、太陽光発電セルを備えた水平シェーディングパネルで構成されています。 Cheapside 仰角は自然に換気された二重の肌の壁で、その中で単一のガラス張りの外皮は鋼棒によって支えられています。 クラッディングパネルの技術的設計は、主に9メートルの例外的な幅によって駆動された。

作業範囲

9,500 平方メートル(102,300 平方フィート)のカーテンウォールは、ポートランドストーン、垂直ステンレススチールフィンと太陽光発電セルを備えた水平シェーディングパネルで作られています。

これは自動翻訳です  (英語の原文を読む)

その他の製品Permasteelisa

Architectural Envelopes