張力構造用鋼鉄ケーブル ACS2
開放らせん状ストランドステンレススチール製

張力構造用鋼鉄ケーブル
張力構造用鋼鉄ケーブル
張力構造用鋼鉄ケーブル
張力構造用鋼鉄ケーブル
張力構造用鋼鉄ケーブル
張力構造用鋼鉄ケーブル
張力構造用鋼鉄ケーブル
お気に入りに追加する
商品比較に追加する
 

特徴

製品用途
張力構造用
タイプ
開放らせん状ストランド
その他の特徴
ステンレススチール製

詳細

スペース。 シンプルなフォーム。 どちらも引張アーキテクチャに固有の複雑さを隠します。 場所での構造, 科学と慎重な計画のそのものの証拠, 緊張で一緒に働くケーブルとエンドフィッティングのインテリジェントな使用で達成することができるものを私たちに思い出させるために立っています. それはカテナリー照明システム、張力布の屋根、シンプルでエレガントなケーブル滞在ブリッジやケーブルネット、すべての主要な負荷を運ぶ構造としてケーブルに依存します。 結果は、独自の深さと開放性の構造であり、ミニマリストかつ効率的な高張力ケーブル腱の適用により、自重を減らす必要性のバランスをとることによって大きなスパンが可能になりました。 これは軽量な引張構造であり、ロンスタンへの情熱です。 説明ステンレス鋼と炭素鋼の魅力的な顎(クレビス)タイプのケーブルシステムで、レベル調整が強化されています。 定格ブリティッシュサイズ — 最大945キロニュートル/96,420キログラム/212,330ポンド まで — 最大1,189キロキロキロ/121,240キログラム/267,290ポンドの ケーブル直径 タイプ10ミリメートルから26ミリメートル (0.118インチ〜1.024インチ)。 タイプ 3 SS — 28.6 ミリメートルから 36.6 ミリメートルまで (1.126 インチから 1.441 インチ) タイプ3 GS-8.1ミリメートルから36.6ミリメートル(0.319インチから1.429インチまで) 特定の機能 完全に調整可能なケーブルは、ターンバックル一端を含めて調整を強化します。 タイプ 10 ケーブルには、負荷下でのねじ切りの発作を避けるために、異種金属の可動部分を備えたターンバックルがあります。 タイプ 10 のケーブルエンド継手には、関節式 (トグル) の顎端があり、クリートのずれに対応し、動的および周期的な荷重によって生じる応力を軽減するために、2 つの平面で調整できます。 タイプ3ケーブルは、大口径アプリケーション向けに特別に設計されたターンバックルを備え、指名された設計負荷に合わせて製造されています。

---

*価格には税、配送費、関税また設置・作動のオプションに関する全ての追加費用は含まれておりません。表示価格は、国、原材料のレート、為替相場により変動することがあります。