コンテンポラリーカウチ / 布製 / レザー / スチール製
S 5000

MyArchiExpoにお気に入りを追加する
比較検索に追加する 比較検索から削除する
コンテンポラリーカウチ / 布製 / レザー / スチール製 コンテンポラリーカウチ / 布製 / レザー / スチール製 - S 5000
{{requestButtons}}

特徴

  • スタイル:

    コンテンポラリー

  • 素材:

    布製, レザー, スチール製

  • 応用スペース:

    リビング用

  • 販売対象:

    業務用

  • デザイナー:

    James Irvine 作

詳細

肘掛け椅子、寝台兼用の長椅子、chaiseのラウンジまたはソファー-広い変化の範囲はプログラムS 5000を特徴付ける。 ジェームスアーヴァインは既に30年代のThonetプログラムの部分だったタイプのソファーを解釈し直した: 曲がった管状の鋼鉄基盤が付いている最小主義のソファーの原型。 可変的なプログラムは簡単で、理性的な設計考えに基づいて微妙な介在によって、起因した: 「モジュラー主義」。 4つまでの同一の家具製造販売業の要素は所有者の思慮分別にarmrestsかあと振れ止めとして標準的な基本要素に置かれる。 この考えは異なった版の使用そして大きい選択の広い範囲を開発する。

これは自動翻訳です  (英語の原文を読む)

その他の製品THONET

Reception & Lounge